アシスタントのヒアリングを終えて

スタイリストとアシスタントの関係性は
自分の中で二つ考え方があり

一つ目は

師弟関係

自分が良いスタイリスト像を見せなければ
お客様から信頼してもらえるスタイリストを育てる事が出来ない。

希望としては、どんなアシスタントでも、自分と働く事でおのずと成長していける環境を創りたいと思っている。

それが出来るのは毎日の技術、接客、サロンワークで改善出来る事はないかと考え、次の日、また次の日に自分のポテンシャルを引き上げ、みんなに進化している自分をお披露目する事が1番大事と考えている。

2つ目は

お客様をより満足させる為のパートナー

自分がアシスタントの頃は、スタイリストが白と言ったら白、黒と言ったら黒
俺のお客様やねんから、俺の言う通りにしろ的な感じの表現が多かった。

そんな考え方だから、当時のスタイリストはあんなにイライラしたサロンワークを行なっていたんだろうな…って思う。

当然本気でやっているからこそ、ピリピリはしているし、キビキビもしている。

でも…パートナーという認識なら、俺の言う通りにしろ。みたいな考え方にはならないのではないかと。

僕がスタイリストどうかをしてやるべき事は
カウンセリングでお客様をヒアリングして
どのようなデザインで、どのメニューが必要かなどを決定し、責任を持つ事。

そしてお客様の希望として
全ての技術を担当者がやってくれればいいのに。という希望があり、自分を求めてくれているという認識が必要だと思う。
(お客様にもよるが…)

当然お客様は1人ではなく、時間が被る事も沢山あり、そんな中でお一人お一人のお客様に喜んでもらおうと考えれば
自分とパートナーで、力合わせて頑張るしかないし、信頼しなければならないし、何人かでどうすれば良いか考え
一緒に頑張ってるよな!今っ!みたいな楽しさややりがいみたいなものもパートナーには感じてもらいたいと思う。

お客様の事を考えると矛盾しているのかも知れないが、このような考え方で、自分が美容に対して、1人のお客様に対して、こだわりを持っているから
時間が被ってでも、アシスタントが自分の代わりに技術をしてくれたとしても、指名して下さり、お客様が増えていってるから辿り着いた事のように思う。

美容に対して、お客様に対しての自分なりのこだわりを共有し、アシスタントと相談しながらフロアコントロールを行うからこそ、アシスタントがデビューした時に
経験という宝石を沢山身に付けたスタイリストが生まれるのでないか。と…

アシスタントのヒアリングを行なって
自分の頭の中も整理されました。

全ては自分の手の中に。
アシスタントや後輩が育たないのを嘆くのではなく、今一度自分の、自分達の仕事が
凄い人を育てようというスタンスになっているかどうかを思い返して見たいと思います!

HAIR DEGIGNER KEISUKE SEKI.KOBE

神戸女子のキレイと笑顔のお手伝いがコンセプトの美容室Pap`s de coiffeur甲南山手店代表。 Pap`s de coiffeurは、神戸、西宮、宝塚に5店舗展開し、その中で取締役総括として、技術から運営まで全てを手掛ける。 甲南山手店では、きれいはもちろん、幅広い年齢層や男女関係なく、人気があり、託児室や保育士在中でママさんからの人気も高い。

0コメント

  • 1000 / 1000